ホーム > 総会・講演会・学会 報告記

総会・講演会・学会 報告記

Global forum On advanced Implant Dentistryレポート

「Global forum On advanced Implant Dentistry」に参加して

5-D Japanファウンダー:福西 一浩

2011年8月1日〜5日、米国のニューヨークにあるニューヨーク大学にてBiomet3i 主催「Global forum On advanced Implant Dentistry」が開催された。本フォーラムは、大学の夏休みを利用したポストグラデュエートコースの一環として企画されたものである。今回で第4回目を迎え、全世界からBiomet3iシステムを用いたインプラント治療の最先端の情報を得たい歯科医師が集まり、5日間(9:00~16:00)講義を受けるといったプログラムが組まれている。今回のフォーラムでは、日本人初となる石川知弘先生と船登彰芳先生が招聘された。5-D Japanファウンダーの他のメンバー(北島 一先生、南 昌宏先生、そして著者)も聴講する機会を与えられた(図1)。ここに船登、石川両先生の6時間にもおよぶ講演内容を簡潔にまとめ、報告させていただく。

sample_01

図1.ニューヨーク大学 歯学部前にて
ボストンより我々の仲間である諸井英忠先生も応援に駆け付けてくれた(左から2番目)

参加者は、全世界15か国から集まり、180名を超えるという大規模なフォーラムであり、船登、石川両先生は、その2日目にあたる8月2日の1日の講演(各3時間)を任されることとなった。講演の前日、5-D Japanのスポンサーの1社であるBIOMET 3i本社(フロリダ州パームビーチ)を訪れ、インプラント製造工場の見学、本社各部門の責任者とのミーティングの機会に恵まれた(図2)。工場では精密な製造過程や徹底した品質管理に大きな感銘を受け、日本ではまだ市場に出ていない『エンコード システム』(ヒーリングアバットメントをIOS(イントラオーラルスキャナー)を用いて採得し、従来のインプレッションコーピングを使用せずアバットメントが作成できるシステム)が実際に機能している現実に驚かされた。また、日本では未発売の「オッセオタイト2」の説明や今後の3iインプラントの将来展望などが議論され、非常に有意義な時間を過ごすことができた。

 

sample_01

図2.フロリダ州パームビーチにあるBIOMET 3i本社にて

講演は、船登、石川両先生が午前・午後ともに交代で進めるといった形がとられた。最初に登壇した船登先生の講演は、日本で今年3月に発生した「東日本大震災」のスライドから始まり、本題へと入っていった(図3)。船登先生の講演内容は、自らの著書である「4-Dコンセプト インプラントセラピー」に沿ったものであり、この本は、本年に英語版や中国語版も発刊され、高い評価を受けているとのことであった。午前は、最適なインプラント埋入ポジション(三次元的埋入位置)の重要性と彼らが提唱している4つ目の重要な要素である「Timing」についての詳細な解説がなされた。具体的には、1、抜歯の時期、2、歯槽堤を保存するか、増大するかの指標とその時期、3、インプラント埋入時期(即時、早期、待時)、4、アバットメントの接合、二次手術の時期、5、ティッシュスカルプティングの時期、期間、6、最終補綴物の装着時期、の6つの処置のタイミングを考慮することが非常に重要であるとしたうえで、それぞれの項目に対して臨床例を挙げながら考察が行われた。
そして、歯槽堤保存に関してポンティック部への新たなアプローチ法の解説から石川先生の登壇となった(図4)。2007年にチームアトランタのDr.モーリスやDr.ガーバーらと執筆した論文「Advantages of the root submergence technique for pontic site development in esthetic implant therapy 」を挙げ、"ルート サブマージェンス テクニック"についての説明がなされた。本テクニックは、主として審美インプラント治療の計画上、支台歯として利用はできないが、保存可能な天然歯の歯根をあえて軟組織下に埋入することで、抜歯する場合と比較し、より多くの周囲組織を保存することが可能となり、高位に歯間乳頭を位置できる処置である。その後、多くの組織が失われた部位においてインプラント治療を成功させるためには、硬組織と軟組織のマネージメントが不可欠であることを強調し、歯槽堤増大時に獲得したい水平的・垂直的な高さのゴールを明確に決定することの必要性を訴えた。水平的なゴールには2つあり、1、プラットフォームのレベルで唇側に2mm以上の骨幅の確保、2、唇側の骨縁はインプラントの長軸に対してクラウンマージンと同等かそれより唇側に存在しなければならない、ことが述べられた。また、垂直的なゴールでは、1、上唇の位置、2、コンタクトポイントの位置(IHB)、3、健全な隣接面の骨頂を結んだライン、4、インプラントのプラットフォームの位置、が重要であり、とくに審美領域での前歯部インプラントではこれらの項目を十分に考慮しなければならないことが示された。さらに、それらを診断し、実際にインプラントを埋入する際に威力を発揮する"ナビゲーション"システムについても症例を挙げ、その有効性についての説明がなされた。このように午前中の3時間の講演が終了した後、昼食に入った。

 

sample_01

図4.講演中の船登彰芳先生

 

sample_01

図4.講演中の石川知弘先生

午後からは、GBRを伴ったインプラント埋入テクニックを二人の先生が交互にステップバイステップで解説していく形で進められた。とくに、GBRでは、チタンメッシュを用いた術式が詳細に解説された。今まで、TRメンブレンを使用することで三次元的に増大された骨が長期的に機能と審美性を維持することができたとしたうえで、非吸収性膜の欠点を補うため、現在では、コラーゲン膜とチタンメッシュを応用したGBRが良好な結果を生んでいることを力説された。
船登先生よりビデオを交えたGBRの一般的なテクニックの解説が行われた後、石川先生よりチタンメッシュを応用するためのポイントを多くの症例を通して解説がなされた。さらに、軟組織のマネージメントの重要性、つまり、どのような処置がどのタイミングで必要であるかが詳細に示された。主な処置法としては、大きく8つのテクニックがある中、ロール法、Laterally positioned flap(buccal positioned flap)、そして interpositional graftを取り上げ、臨床例とともに説明を加えた。最後に、4-Dコンセプトに則り、各処置のタイミングを考慮して、咬合崩壊をきたした全顎的な症例や前歯部重度垂直的骨欠損症例を機能的、審美的に再建し、長期間にわたり良好な予後を認めている数々の症例を供覧して1日の講演が終了した。

講演後も聴講されていた先生方から多くの質問が寄せられ、画期的なディスカッションが行われた。それらの中には、日本からニューヨーク大学に留学されている先生方や現在、補綴学教室のAssistant Professorであられる山野精一先生もおられ、それぞれに絶賛の声をいただいたことは船登、石川先生にとって大きな誇りになったことと思う。講義終了後、山野先生のお計らいにより、ニューヨーク大学の各科を見学することができ、非常に有意義な体験ができたことを最後に申し添えたい。

EAEDレポート

EAEDレポート

神津デンタルオフィス : 神津 聡

今回の学会参加は昨年の10月の国際歯科大会で休憩中のあるドクターの一言から始まっていた。「次はヨーロッパの審美の潮流を学ぼう!」
6月2日から4日までトルコのイスタンブールで開かれたEAED(European Academy of Esthetic Dentistry)に参加した。
今回は25回という記念大会。期待に胸を膨らませながらの参加となった。同行させて頂いたのは先程の一言を発したドクター、千代田区平河町開業の鈴木健造先生と八王子で開業の中川雅裕先生。この3人の珍道中となった。行きの成田空港で座席がコンフォートクラスにアップグレード出来たことも非常にラッキーであった。成田でトルコでの行動の確認をということで、寿司を頬張りながら学会での内容確認、レクチャーの内容確認をし一路トルコへ向かった。半日後、無事イスタンブールに到着し、座席のアップグレードに感謝しながら迎えのタクシーに乗り込んだ。

sample_01

イスタンブールは人口約1500万人、東京都の人口とほぼ同じである。空港からのタクシーの窓からもそんな様子が伺え車、人の多さに圧倒された。タクシーは空港から約30分程のところで停まり、目の前には今回宿泊するThe House Hotel。日本で言うところの表参道と麻布十番が一緒になったような場所にそのホテルはあった。ついたのは夕方。ホテルで早速地元のトルコ料理店を教わり明日からの打ち合わせを肴に舌鼓。移動の疲れを忘れる程に楽しい宴となった。
一夜明け、学会初日。
以前、AO,AAPなどに出席経験がある筆者であるが、ブースなど非常に大きく更に数々のブースがあった。EAEDのブースはクロースドと感じさせる少ない展示ブースが会場の外の休憩エリアにあった。ブレークタイム、ランチでは各ブースを見ながら、会話をしながら一時を過ごした。会場は1カ所のみですべてのSessionがそこで行われた。

sample_01

音楽と映像で引きつける開会式。その後、Esthetic dentistryのアメリカ(AAED),ヨーロッパ(EAED)の設立とその後の経過について説明があり、session1からスタートした。

sample_01

Session1はデジタルvsコンベンショナルな形成、印象の現在について。Dr.IrenaはCAD/CAMを使用した補綴の方法は従来の印象ではよく見られた患者の嘔吐反射を無くし快適な環境で補綴物を提供できるという利点を述べた。
続いて登場したのはDr.Massironi。形成はテクニシャンに情報を伝える印象に直結する為に筆者も非常に重要であると考えている部分であるのでとても興味深かった。彼はプレパレーションにはタービンでなく5倍速を使用し、拡大ルーペやマイクロは必須、マージン部の最後の仕上げは回転切削は使用せず超音波チップでマージン部を仕上げることを強調していた。隣在歯との間はストリプスを入れ健全歯質の温存をはかるようにする。圧排についても適切な圧排糸をチョイスし、歯肉の厚みに応じ使用を変えることが大切であると述べた。例えば、Thinの場合はsingle code、Thickの場合はDouble code、といった具合である。そしてドクターからテクニシャンへしっかりした印象という情報を伝える為に、ドクターはマージン以下の印象材のスカートをしっかり出すこと、それを受け取ったテクニシャンはそのマージン部がぶれないようにワックスで固定し石膏の注入をすることが大切であると述べた。
Settion2ではDr.Cobiは歯肉のマネージメントについて述べた。そして補綴前の歯肉のマネージメントについて治療順番の重要性を述べ、条件があえばFinal preparationの後にCTGを行うなどの手技について述べた。矯正前の再生治療を積極的に行ない矯正、補綴、ペリオの複合的治療計画が必要であると述べた。
続くDr.NorbertoはCO2レーザーによるディストラクションやインプラントホールの形成、抜歯後のソケットに使用すると内面をフレッシュな状態にする為に抜歯即時埋入の際には有効であると述べた。
Session3では今回の学会で唯一といっていい外科についてのセッションであった。
Dr.Devorahは骨造成の分類を示し1回で造成できない事もある為にオンレーグラフトを1回行い5ヶ月後更にグラフトを行い、その後5ヶ月待ちインプラント埋入というグラフトのステージドアプローチを紹介した。アベレージで垂直的骨造成が5.6mmと言う事で10mmを造成する為に2回行うという裏づけのもと行われたものである。また再生治療、骨造成術では禁忌のスモーカーについてももちろん述べて改めて術を行う際の基本的情報収集をしっかりする事という改めて患者さんにしっかり問診する重要性を感じた。
Dr.SaschaはrhBMP-2とチタンメッシュのGBRについて述べ、GBRの変遷と平均垂直造成の高さを示し、自家骨ブロック、ゴアックス+DFDBA,自家粉砕骨+Bio-oss,rh-BMP-2とTi-meshと示し、rh-BMP-2とTi-meshが最も垂直的骨造成が出来た為にかれは今この組み合わせを使っていた。
rh-BMP-2が軟らかい為にしっかりしたスペースメーカー(Ti-mesh)を使用する事を重要と感じた。
Dr.Ueli Grunderは彼の持論で審美インプラント治療ではもう当たり前となってきているが、パピラの形態維持は骨の裏付けが必要であるというところから始まり?側の骨の量が術後の安定を決める、インプラント間の骨の維持はその横の天然歯の骨の高さに依存すると言う事が非常に重要であると述べていた。
初日のセッション後はGala-Denner.バスでイスタンブールで一番大きいモスク近くの"グランバザール"へ。
日本でいう寺院の参道がそれであり多数の商店が所狭しと乱立し、縦横無尽に広がっていた。その横にある博物館の中庭に立食ディナー、ドリンクが用意されバンドが我々をもてなしてくれた。日本での学会では考えられない外国ならではのおもてなしに改めて喜びを感じ我々も海外の知人と語り合うことが出来た。筆者としては皆さんもご存知のDr.Sascha Jovanovicと彼の奥さんにお会いでき色々お互いの情報を交換できたことが喜ばれた。先の東日本大震災、福島の原発のことなどを心配いただき"必ず復活する。私も出来る限りの事をして日本の歯科医療の一助になりたい。"と素晴らしい言葉を頂いた。

sample_01

彼だけではなく、筆者が行っている"facebook"のフレンドも今回参加しており、会場に入るや否や"いつもみてるよ""日本は大丈夫か?""心配だが応援しているよ"などの本当に暖かい言葉を多数のドクター、テクニシャンから頂いた事を付け加えておきたい。
学会2日目、Session4
このセッションのテーマは"ガイデッドサージェリー vs ノンガイデッドサージェリー"
Dr.Orcanはインプラント治療には3Dシュミレーション(シンプラント)による治療計画、ガイデッドサージェリーを使用して治療を行うようにする事。ガイドが無い場合は皮質骨と海綿骨だとどうしても軟らかい部位に逃げてしまうためガイドを使用する事。ユニークだったのは垂直的骨造成をドナーサイトの真ん中にツイストドリルで穴をあけ回りをトレフィンバーで削り持って来た骨をインプラント体で固定するといった方法を行っていた事である。
Dr.Dennis Tarnowは条件があえばフラップレスでインプラント埋入を行う。またガイデッドサージェリーのサバイバルレイトが91%ということでガイドを使えばいいという事ではなく使い方、症例の見極めをしっかり行う事とマルチケースであればガイドを使う事も悪くないという考えを述べガイデッドサージェリーに警鐘をならした。
Session5は審美的補綴材料について
Dr.Amelie Mainjotはジルコニアセラミックについて述べ、ジルコニアとセラミックの界面からかける問題が起きているのでクールダウンを確実に行う事が必要であると述べている。またメタルセラミックと比較して圧力を加えると圧縮点に力がある場合引っぱり力が戻らずに内面に向かう為にそれを保証するだけのフレームワークも必要であると述べた。
Dr.Kenneth Malamentはセラミックの安定性、破折の原因としてサンドブラストの危険性を示した。また咬合調整をやめようというメッセージを残した。その為にはより精度の良い技工、補綴操作が必要であると述べた。
Session6では
Dr.Tidu Mankooは審美領域のインプラントの長期維持には条件が整えばフラップレスで、出来るだけ口蓋側に、若干の側のギャップにはBio-ossを填入し、側にはCTGを入れ歯肉の厚みを作る事が必要であると述べた。

sample_01

Dr.Konrad Meyenbergは浸襲少ない方法はインプラントだけではなくアドヒーシブブリッジやピンクポーセレンを使ったボンディングでの補綴という考え方を我々に示してくれた。
Session7ではDr.Stefano GracisとDr.David de Francoの二人で矯正と補綴の専門医が骨格性Class2のケースをどのように治療して行くかを説明した。
アダルトの骨格性Class2の患者さんの場合は矯正と外科矯正を行い治療する事。
矯正のみの治療であった場合、機能、審美を得る事は出来るが骨格的食い違いを減少させる事は出来ないとしている。外科矯正をすすめた場合患者さんとよく話し、補綴を含めて治療して行くかどうか、何もしないかを天秤にかけて治療方針を決めるべき。外科矯正をしなかった場合長い治療期間がかかるがしばしば満足できる結果も手に入る場合があるとしていた。
Session8、9はscientific awards。3人のドクターが補綴のマテリアルの話を行なった。
Dr.Cristian Stappertはマテリアルについて話、インターナルコネクションでのZiアバットメントの破折の問題、クラウンとしてのZiセラミックの問題などを示した。
Session10はドクター二人が問題提起し、それについて会場中でディスカッションするというかたちをとり日本でも珍しい形の面白い講演だった。
一人はインプラント補綴のケース。もう一人は3級のケースをトリートメントしたケースでした。
優先順位をしっかり決めて処置して行くことの重要性と複合型の治療のとりくみには矯正は不可欠だと考えさせられました。
夜にはタキシードパーティーもあり、外国の先生方、技工士さんと語り合い、また来年と言う事で大いに盛り上がった。

sample_01

sample_01

弾丸ツアーで参加した今回だったがヨーロッパの潮流を感じ非常に充実した3日間であった。今回は日本からわずか5名という出席者であったが、講演内容を見る限り来年は今年以上に面白いと思われ参加者が増え今後のヨーロッパ、アメリカ、アジアという三位一体の歯科治療の発展が期待されるところである。来年の参加を楽しみにしつつ旅行記を締めたいと思う。

5-D JAPAN 第2回総会報告記

石川歯科 : 宮坂 岳男

sample_01sample_01平成23年3月13日(日)、秋葉原コンベンションホール(東京都千代田区)にて、5-D Japan 第2回総会が開催された。
この度の東日本大震災の被害状況も把握されていないさなか、当初の予想を超える100名以上の参加者が集まり、それぞれが複雑な心境の中総会がスタートした。

sample_01冒頭、南昌宏よりこのたびの東日本大震災で亡くなられた方々に深く哀悼の意を表するとともに、被災された皆様へのお見舞いの言葉からはじまり、参加者全員で黙祷をおこなった。会場にいた全てのものが、歯科医療従事者、5-D Japanとしてこの未曾有の大災害に見舞われた方々への支援の第一歩を踏み出すきっかけとなったであろう。

sample_01トップバッターとして荒谷昌利(埼玉県開業)が「CO Dentistryにおける咬合のマネジメントの鍵」と題して、広く普及しているsuck down方式で製作されたナイトガードが顎関節に与えうるダメージおよびparafunctionを助長させる可能性について警鐘を鳴らした。

sample_01続いて、鈴木建造(東京都開業)が「審美領域へのインプラント-最良な結果のために必要なティッシュマネージメントと補綴処置-」と題して、乳頭様組織を含めたインプラント周囲組織を垂直的に再建するための要点と、再建された組織への侵襲を最低限度にする補綴処置について語った。

sample_013番手として高井基普(東京都開業)が「病因論を加味したインプラント補綴デザイン」と題して真の補綴主導型インプラントを達成するために、補綴のみに許される形態応用と構造力学的強化を、咬合面形態の応用という手法で実践していくことの正当性を、提言した。

sample_01午前中の最後として三木通英(神戸市開業)が「高度に吸収した顎堤の外側性GBRの臨床とそのテクニカルポイント」と題し、確実な治療結果が求められるGBR等のSite Developmentをさまざまな手法や顎堤形態別に、実際の臨床例を交え再考した。

sample_01午後からは船登彰芳がモデレーターとなり、「骨造成を極める」というタイトルで、堀内克啓先生(大阪大学歯学部臨床教授)と石川知弘による症例検討会が3部構成で行われた。

sample_01sample_01お互いがそれぞれの立場から「骨造成」という共通のゴールに対し、どのようにアプローチしていくべきかを、「骨造成のガイドライン」、「テクニカルポイント」、「コンプリケーションのマネージメント」、という3つのテーマに沿って、解説とディスカッションをおこなった。
沢山の臨床例や文献から、より質の高い治療結果をえるために多くの指針が示され、参加者にとっては非常に実りある症例検討会となった。

sample_01今回も昨年に引き続き、モデレーターが会場の参加者に質問を投げかけ、参加者らが携帯端末を通して回答することにより、全員参加型の討論会が実践された。このような社会情勢のさなか、少しでも情報の共有をしようと熱意を持った参加者の思いがひとつになり、活気に満ちた討論会となった。