ホーム > ミッション・プロフィール > ファウンダー 著書・論文・書籍

ファウンダー 著書・論文・書籍

船登 彰芳

著書

・A Nobel Strategy for Bone Integration and Regeneration: Case studies
Photofunctionalization of Dental Implants and Ti Mesh
Journal of Cosmetic Dentistry winter 2014 Vol.29 Number 4: 74-86
Akiyoshi Funato, Ryouhei Tonotuka, Hiroshi Murabe, Makoto Hirota, Takahiro Ogawa.

・Photofunctionalized dental implants: A Case Series in Compromised Bone
Akiyoshi Funato1, Takahiro Ogawa
Journal of Oral Maxillofacial Implants 2013;28:1589-1601

・Success rate, healing time, and implant stability development of photofunctionalized dental implants
Akiyoshi Funato1, Masahiro Yamada2, Takahiro Ogawa3
Journal of Oral Maxillofacial Implants 2013;28:1261-1271

・A Novel Combined Surgical Approach to Vertical Alveolar Ridge Augmentation with Titanium Mesh, Resorbable Membrane, and rhPDGF-BB: A Retrospective Consecutive Case Series
Akiyoshi Funato,/Tomohiro Ishikawa/Hajime Kitajima/Masahiro Yamada/Hidetada Moroi Int J Periodontics Restorative Dent 2013;33:437-445.

・Dental Esthetics Part Ⅶ 審美歯科治療からの長期的観点からの検証
Quintessence 2012 別冊2012,11 共著
3章 無歯顎における審美修復:インプラントブリッジ
船登 彰芳 上林 健 新屋 茂樹

・Funato A, Ishikawa T .
4D Implant Therapy, Esthetic Considerations for soft tissue management
Korea August 2012

・動き出した光機能化;インプラント医療パラダイムシフトの世界的前兆 
第2回 光機能化技術、症例分析・臨床プロトコールならびに初期の臨床成績 
小川隆宏 船登彰芳
Quintessence Japan Vol.30,No.92011 2007-2022

・動き出した光機能化;インプラント医療パラダイムシフトの世界的前兆
第1回 光機能化技術、理論と症例の相互分析・検証 
小川隆宏 船登彰芳
Quintessence Japan Vol.30,No.92011 2007-2022

・Funato A, Ishikawa T .
4D Implant Therapy, Esthetic Considerations for soft tissue management
Military Medical Press in China August 2011.

・Funato A, Ishikawa T (eds).
4D Implant Therapy, Esthetic Considerations for soft tissue management
Quintessence USA March 2011.

・Implant Esthetics
咬合再構成症例
―チタンメッシュと吸収性膜を併用した垂直的骨造成―
Quintessence Dental Implantology Japan 215‐223 Vol.18,No.2 2011
.
Three-dimensional bone and soft tissue requirements for optimizing esthetic results in compromised cases with multiple implants.
Ishikawa T, Salama M, Funato A, Kitajima H, Moroi H, Salama H, Garber D.
Int J Periodontics Restorative Dent. 2010 Oct;30(5):503-11.

・The Quintessence.
QDT2010Volume35 January page 0069-0072
あと30年臨床に立つ君たちへ 第1回

・The Quintessence. Year Book 2010
Part5 症例から学ぶ最新の歯科臨床の考え方 ペリオ・インプラント編
現在の歯周治療・インプラント治療の到達点
Clinical Point of View of the Current Periodontology and Implantology
154-160

・Advanced Technique for Sever Case
最新機材でより質の高い治療結果を追う
炭酸ガスレーザーを使用した歯周・インプラント治療
The Quintessence. Vol .28 No7/ 2009:1467-1477

・イラストで語るClinical technique 歯槽堤保存のために切開Papilla releasing envelop technique
The Quintessence. Vol .28 No6/ 2009:1157-1159

・船登 彰芳・石川 知弘 著
4-Dコンセプトインプラントセラピー審美治療のためのティッシュマネジメントのテクニックとタイミングー  クインテッセンス出版 2008年

・上顎多数欠損症例―乳頭確保のためRoot Submergence Techniqueを 中切歯に応用した症例―
Quintessence Dental Implantology Japan 647-655 Vol.15,No.5 2008

・座談会 若き歯科医師が希望をもてる歯科界へ Part2 患者本位の治療計画の真意 土屋賢司・船登彰芳・水上哲也・牧草一人Quintessece Vol 27 No7/2008:1464-1475

・Advanced Technique for Sever Case
審美的インプラント治療における埋入ポジション・唇側硬軟組織の増大への対応2
The Quintessence. Vol .27 No3/ 2008:0853-0861

・Advanced Technique for Sever Case
審美的インプラント治療における埋入ポジション・唇側硬軟組織の増大への対応1
The Quintessence. Vol .27 No3/ 2008:0631-0638

・抜歯即時インプラント埋入の検証そして警鐘 埋入術式の診断・選択基準を考える
小浜忠一・船登 彰芳・石川知弘
the Quintessence Japan Vol.27 No.1.2008 0043-0066

・4-Dコンセプトに基づいた審美的インプラント治療
船登彰芳・石川知弘 the Quintessence Japan 2007 7月号から12月号まで連載

・Advantages of Root Submergence Technique for Pontic Site development in Esthetic Implant Therapy.
Maurice Salama, Tomohiro Ishikawa Henry Salama Akiyoshi Funato, David A Garber, Int PRD 2007;27:521-527

・インプラント審美 上顎前歯部多数歯欠損症-4Dコンセプトに基づいた戦略的抜歯後即時インプラント埋入 Quintessence Dental Implantology Japan 827-834 Vol.14,No.52007

・Timing, Positioning, and Sequential Staging in Esthetic Implant Therapy: A Four-Dimensional Perspective
Akiyoshi Funato, Maurice Salama, Tomohiro Ishikawa, David A Garber, Henry Salama Int PRD 2007;27:313-323

・Dental Implantology 別冊 オッセオインテグレーション・スタデイクラブ・オブ・ジャパン 5thミーティング 抄録集 共著
インプラントのための再生療法 シンポジウム
天然歯の保存か、インプラント治療か?
Which Should We Choose between Conservation of a Natural Tooth, and Implant Treatment ?
P54-P62

・Quintessence別冊 インプラントYEAR BOOK2007 P251~P262
Implant Exhibition オペレーザーPRO
歯周・インプラント治療における炭酸ガスレーザーの可能性

・Chair and Laboratory excellence ~Collaborated Case Presentation~
抜歯即時埋入インプラントのChallenging Case
-抜歯・埋入・GBR・結合組織移植術を同時に行った症例-
Quintessence of Dental Technology March 2006 Volume 31 No.3 49-56

・インプラン審美領域におけるインプラント治療の応用
Application of implant treatment to esthetic zone
インプラント上部構造の現在 PART4-クラウン・ブリッジを中心に-
Quintessence of Dental Technology EXTRA ISSUE 2005

・抜歯とインプラント埋入時期について~抜歯即時埋入を中心
Quintessence Dental Implantology 別冊 Osseointegration study club of Japan 3thミーテイング抄録集 2005

・上顎前歯部インプラント治療のための歯周形成外科の役割
the Quintessence Japan :Vol.23 No.6 2004 1181-1184

・インプラント治療における新しいエヴィデンス:3i インプラントシステム
補綴臨床別冊2004 医歯薬出版

・3iインプラントシステム
Ossesotite NTとOssesotite XPの臨床的使い分け
インプラントYEAR BOOK 2003 the Quintessence 別冊

・上顎臼歯部欠損にオステオトーム・テクニックとサイナスリフトを併用した症例
インプラント補綴―現在の臨床的到達点 
Quintessence Dental Implantology2000別冊

ファウンダー 著書・論文・書籍