ホーム > コンサルティングメンバー

コンサルティングメンバー

小川 隆広

小川 隆広

UCLA歯学部ワイントロープセンターおよび補綴学講座准教授(終身教授位)
骨・インプラントサイエンス研究チーム(LBIS)ディレクター

学歴・職歴

1965年 長崎県出身
1990年 九州大学歯学部卒業
1994年 同大学院博士課程卒業
1995年 九州大学歯学部補学第二講座助手
1998年 文部省在外研究員として渡米
2002年 UCLA歯学部助教授
2004年 UCLA顎顔面補綴レジデントプログラム終了
2004年 米国カリフォルニア州歯科医師特別免許取得
2005年 UCLA歯学部准教授(終身教授位)

アメリカ補綴学会(AP)、アメリカ補綴医学会(ACP)、国際・アメリカ顎顔面補綴学会(ICMP)、アメリカオッセオインテグレーション学会(AO)、アメリカ高齢者歯科学会(ASGD)、国際歯科研究学会(IADR)などより多数の学術研究賞を受賞。
インプラント生物学、骨分子生物学、バイオマテリアルサイエンスに関する論文を多数発表(原著70本を含む、出版論文数180本以上)。
骨内インプラント表面や骨再生関連生体材料に関する特許を10本以上取得。
その他、国際歯科研究学会(IADR)の補綴ディビジョンのディレクター・総務理事などを務める。

諸井 英忠

小川 隆広

学歴・職歴

1990年 大阪歯科大学卒業
1995年 タフツ大学歯学部歯周病学科大学院卒業
1995年~1996年 3i,Implant Innovations,Inc,インターン
1998年 米国歯科医師免許取得、マサチューセッツ州ボストン開業
2001年 タフツ大学歯学部歯周病学科 臨床助教授
米国歯周病学会(認定医)

Dr. Maurice A. Salama

Dr. Maurice A. Salama

Dr. Maurice A. Salama completed his undergraduate studies at the State University of New York at Binghamton in 1985, where he received his BS in Biology. Dr. Salama received his DMD from the University of Pennsylvania School of Dental Medicine, where he later received his dual specialty certification in Orthodontics and Periodontics, as well as implant training at the Branemark Center at Penn.
Dr. Salama is currently on the faculties of the University of Pennsylvania and the Medical College of Georgia as Clinical Assistant Professor of Periodontics.

学歴・職歴

1985年 New York大学でBachelor of Science取得
その後、Pennsylvania School of Dental MedicineでDMDを取得し、矯正専門医と歯周病専門医のダブルライセンスを持つ。また、同大学でBranemarkインプラントのトレーニングを受ける。
現在、Pennsylvania大学の歯周病科のfacultyでありMedical College og Georgiaで歯周病科のClinical Assistant Professorでもある。そして、DENTAL XPのScientific Committeeの永久メンバーでもある。
彼は、また包括的・審美的歯科治療において臨床研究で有名なマルチディスプナリーを実践するTeam Atlantaのメンバーの一人でもある。

堀内 克啓

堀内 克啓

学歴・職歴

1981年 大阪大学歯学部卒業
1981年 奈良県立医科大学口腔外科入局
1984年 同上 助手
1992年 同上 講師
1992年 同上 助教授
1999年 同上 助教授退職
1999年 中谷歯科医院副院長
2003年 Scientific Advisor & Clinical Consultant,Nobel Biocare Japan
2005年 大阪大学歯学部臨床教授
2007年 長崎大学歯学部口腔外科学非常勤講師
2009年 中谷歯科医院院長

加入学会

日本口腔外科学会(指導医、専門医)
日本歯科麻酔学会(認定医)
日本顎変形症学会
日本口腔インプラント学会
Academy of Osseointegration (Active member)
European Association for Osseointegration
International Association of Oral and Maxillofacial Surgeons

主な原著および著書

1) 堀内克啓: 牛骨由来骨形成因子(BMP) 添加骨代用材の異種移植に関する実験 的研究.奈良医学雑誌 42: 335-352, 1991.
2) Horiuchi K, Hattori A, et al.: Mandibular reconstruction using the double barrel fibular graft. Microsurgery 16(7): 450-454, 1995.
3) Horiuchi K, Uchida H, et al.: Immediate loading of Branemark implants at fixture placement in edentulous patients. Int J Oral Maxillofac Implants 15:824-830, 2000.
4) 堀内克啓, 杉村正仁:口腔腫瘍 良性腫瘍と類似疾患.第2版 口腔外科学.宮﨑正 監修/松矢篤三・白砂兼光 編.2000, pp.253-281.
5) 堀内克啓.インプラント治療のための三次元的歯槽骨延長術(1).the Quintessence 21:553-563, 2002.
6) 堀内克啓.インプラント治療のための三次元的歯槽骨延長術(2).the Quintessence 21: 785-563, 2002.
7) Horiuchi K, Uchida H, et al.: Anterioinferior distraction of the atrophic subtotal maxillary alveolus for implant placement. Int J Oral Maxillofac Implants 17:416-423, 2002.
8) 堀内克啓: 即時荷重を行った無歯顎60症例.the Quintessence 22:183-194, 2003.
9) Horiuchi K, Yajima H: Mandibular reconstruction. Experimental and clinical reconstructive microsurgery. Tamai S. (editor). Springer-verlag, Tokyo, Japan, 2003, pp.502-509.
10) 堀内克啓:インプラント治療における歯槽堤増生術のガイドライン ―骨移植と歯槽骨延長術の選択基準―.Quintessence DENTAL Implantology 11;22-31, 2004.
11)堀内克啓:プロビジョナル・インプラントの応用.Ultimate Guide IMPLANTS.山崎長郎ら 編.医歯薬出版.東京.2004, pp.366-372.
12)堀内克啓:歯槽堤造成術を応用したインプラント治療.歯界展望 105;1118-1124, 2005.
13) 堀内克啓 : Replace Select Taperedを用いた上顎無歯顎への即時荷重.補綴臨床 別冊 即時インプラント ─イミディエートローディングのすべて─.医歯薬出版, 東京, 2005, pp88-100.
14) 堀内克啓:インプラント治療における歯槽堤造成術のガイドライン.Quintessence DENTAL Implantology 別冊.インプラントのための再生療法.クインテッセンス出版.東京.2007,pp88-100.
15) 堀内克啓:無歯顎患者における即時荷重を検証する ─200症例からの即時荷重への警鐘.the Quintessence 27:67-84, 2008.
16) 堀内克啓:骨造成を失敗しないための外科のポイント ①自家骨移植によるveneer graft のポイント.the Quintessence 27(8):1809-1819, 2008.
17) 堀内克啓:骨造成を失敗しないための外科のポイント ②自家骨移植によるonlay graft のポイント.the Quintessence 27(9):2041-2050, 2008.
18)堀内克啓:即時荷重・骨造成の注意点.補綴臨床 別冊 インプラントポジシ ョニング ─ねらいどおりの補綴治療のために─.医歯薬出版, 東京, 2009, pp107-114.
19) 堀内克啓 (著書):インプラント外科基本手技と自家骨移植のポイント.クインテッセンス出版.東京.2010.

山田 将博

山田 将博

学歴・職歴

1977年 静岡県出身
2002年 広島大学歯学部歯学科卒業
2006年 東京医科歯科大学歯薬総合研究科大学院博士課程(インプラント口腔再生医学講座所属)卒業
2006年 UCLA歯学部ワイントロープセンター骨・インプラントサイエンスチーム(LBIS)客員研究員
2009年 東京歯科大学有床義歯補綴学講座助教
2013年 東京歯科大学有床義歯補綴学講座講師
2015年 東北大学大学院歯学研究科分子・再生歯科補綴学分野講師

Research gate:
https://www.researchgate.net/profile/Masahiro_Yamada?ev=hdr_xprf
Linkedin:
https://www.linkedin.com/profile/preview?locale=ja_JP&trk=prof-0-sb-preview-primary-button

Dr. Ueli Grunder

Dr. Ueli Grunder

Dr. Ueli Grunder received his DMD degree from the University of Zurich, Switzerland, in 1982. His post-graduate education in advanced fixed prosthodontics also came from the University of Zurich, where he is senior lecturer since 1987. He maintains a private practice since 1989 in Zollikon-Zurich together with Dr. Gaberthuel and has published numerous papers and extensively lectured nationally and internationally on the surgical and prosthetic aspects of implant dentistry.

Dr. Grunder is Past-president of the Swiss Society of Oral Implantology (SSOI) and Past-President of the European Academy of Esthetic Dentistry (EAED).

Dr. Ueli Grunderは1982年にZurich大学でDMDを取得し、卒後同大学でadvanced Fixed prosthodonticsを専攻し1987年来Senior Lecturerを勤める。
1989年からThomas Gaberthuelと共に医院を開設し、国内外においてインプラント外科・補綴に関して多数の文献を発表し、また多くの講演を行っている。
スイス口腔インプラント学会(SSOI)、ヨーロッパ審美歯科学会(EAED)の元会長でもある。

Christian Coachman

Christian Coachman

Dr. Christian Coachman graduated in Dentistry at the University of Sao Paulo/Brazil in 2002 and in Dental Technology in 1995. He is a member of the Brazilian Academy of Esthetic Dentistry.
Moreover, Dr. Coachman attended the Ceramic Specialization Program instructed by Dr. Dario Adolfi at the Ceramoart Training Centre, where he also became an instructor.
In 1996, he opened his own laboratory. In addition, he worked as a technical consultant of Creation, Willi Geller Ceramics.
In 2004, Dr. Coachman was invited by Dr. Goldstein, Garber, and Salama, of Team Atlanta, to become Head Ceramist of their laboratory, a position he held for over 4 years.
Dr. Coachman has been working with many leading dentists around the world as Dr. Eric Van Dooren (Belgium), Galip Gurel (Turkey),Mauro Fradeani (Italy), Nitzan Bichacho (Israel), Giano and Andrea Ricci (Italy) and Marcelo Calamita(Brazil).
Currently he is the scientific coodinator of the e-learning website and works as a consultant for Dental companies and office developing products and implementing concepts and has lectured and published internationally in the fields of esthetic dentistry,dental photography,oral rehabilitation, dental ceramics and implants.

Dr. Christian Coachmはサンパウロ大学にて1995年に歯科技工学、2002年に歯学の過程をそれぞれ卒業。ブラジル審美歯科学会、審美歯科協会のメンバーである。
さらに、Dr. CoachmanはCeramoart Training Centreのセラミック専門プログラムに参加、同センターの講師にも任命される。
2004年にはチームアトランタのDr.Goldstein,Dr.GarberそしてDr.Salamaに招かれて研究所の主任セラミストに就任して10年が経つ。
Dr. Coachmanは世界中の指導的立場にある医師らDr. Eric Van Dooren (ベルギー), Dr.Galip Gurel (トルコ),Dr.Mauro Fradeani (イタリア),Dr. Nitzan Bichacho (イスラエル),Dr. Giano and Andrea Ricci (イタリア) and Dr.Marcelo Calamita(ブラジル)とも連携している。
現在はe-learning(パソコンやネットを利用した学習)のウェブサイトwww.identalclub.comでサイエンティフィックコーディネーターや歯科関連会社などの商品開発やコンセプトの実現にむけてのコンサルタントを務める。加えて、審美歯科、歯科口腔線写真、オーラルリハビリテーション、セラミック修復、インプラントについての執筆や講演を世界中で行っている。

Barcelona Osseointegration Research Group(BORG)

小川 隆広小川 隆広小川 隆広小川 隆広

≫ホームページ

Dr.Francesco Amato

Dr.Francesco Amato

Dr. Francesco Amato has completed his MD degree at the University of Catania,Italy,1991;has completed a one year full time Advanced Program for International Dentists in Periodontics at New York University College of Dentistry,1993-1995;
has completed a two years full time Advanced Program for International Dentists in Implant Dentistry at New York University College og Dentistry,1993-1995;
has completed his continuing Education Program in Implant Dentistry at New York University College og Dentistry,1994-1995;.
has completed his Ph.D. Biophaemaceutical Microbiology at the University of Catania,Italy,1994-1997;
has published various articles in international journals;
is a lecture in National and International Conferences and Courses;
is a Dentist in Private Practice spresialized in Oral Surgery, Periodontics,Implant Dentistry in Catania,Italy.

イタリアのシチリア島のカターニャで、口腔外科・歯周病・インプラント治療専門医で開業している新進気鋭の歯科医師である。メンターはNYU留学時に指導していただいた、Dr.ターナーである。

1984-1991 カターニャ大学薬学部卒業
1998 同大学歯学部資格取得
1992-1993 NYU国際歯周治療プログラム卒業
1993-1995 NYU国際インプラント治療プログラム卒業
1994-1995 NYU国際インプラント治療Continuing Educationプログラム卒業
1992-1993 University of Catania, Italy Ph.D., Biopharmaceutical Microbiology カターニャ大学大学院

主な著書2013年現在

1. Implant Site Development by Orthodontic Forced Extraction: A preliminary study. Int J Oral Maxillofac Implants 2012;27:411-420
2. Rapid Orthodontic Treatment after the Ridge-Splitting Tecnique- A Combined Surgical-Orthodontic Approach for Implant Site Development: Case Report. Int J Periodontics Restorative Dent 2012;32:395-402
3. The guided soft and hard tissue preparation 1 : A Novel - Technique for Crown Lengthening Procedure, a case series. American J Esthet Dent (to be published spring 2013)
4. Clinical Case Report:Overdenture a carico immediate mediante utilizzo di impianti a diametro ridotto con la nuova sistematica LODI.
Implant Journal, Maggio 2013.

Dr.Pierpaolo Cortellini

Dr. Pierpaolo Cortellini

Dr. Pierpaolo Cortellini received his MD from the University of Florence and his speciality in dentistry from the University of Siena (Italy). Formerly teacher of periodontology at the Eastman Dental College, London UK, and at the dept. of periodontology of Berne, CH. Dr Cortellini is currently Secretery of the Accademia Toscana di Ricerca Odontostomatologica (ATRO), Firenze Italy, and founding member of ERGOPERIO.
He is active member and Past President of the Italian Society of Periodontology, Past President of the European Federation of Periodontology, Scientific Chairman of Europerio 6. He runs a private practice in Florence (Italy), with services limited to periodontics. Dr. Cortellini is involved in clinical research in periodontology since 1982, with special emphasis to periodontal regeneration, aesthetics, and diagnosis.
Dr. Cortellini lectures extensively on a national and international level, and is the author of more than 100 original publications in scientific journals.

Dr. Pierpaolo Cortelliniは、1980年にフローレンス大学(イタリア)から医師免許を取得し、1984年にはシエナ大学(イタリア)から歯科医師免許を取得した。
'Accademia Toscana di Ricerca Odontostomatologica, Firenze Italy.'の理事であり、'European Research Group on Periodontology', Berne(CH)の役員である。
'European Federation of Periodontology'の会長を歴任している。
"Project Periodontal Diagnosis"の主催者であり、5つの"National Educational Projects" from SldP.の調整役である。
Dr. Pierpaolo Cortelliniは、'Europerio 6' の科学部門委員長であり、イタリアフローレンスにて歯周病専門の歯科医院を運営している。
Dr. Pierpaolo Cortelliniは1982年から歯周病の再生治療、審美、診断学に特化した臨床研究調査に携わっている。国内外において広範囲に講演活動を行っており、歯周病学分野の科学雑誌の査読委員であると同時に、これまで100編以上の原著発表を行っている。

Dr. Arturo Imbelloni C.V.

Dr. Pierpaolo Cortellini

1991年 サピエンザ大学(ローマ)歯学部 卒業                             
1995年 ボストン大学歯学部 補綴専門医 取得
1997年 ボストン大学 歯周病専門医 取得
2011年 サピエンザ大学歯学部 歯周病科臨床教授
2013年 イタリア Journal of Surgery 編集委員
2015年 EAED(ヨーロッパ審美学会)アクテイブメンバー

補綴・歯周病専門医としてイタリア国内・海外に多くの講演をしている。